2018年03月01日

組合潰しの費用に10億円投入!さらに20億円、30億円・・・・・?

l.jpgl.jpgl.jpg
狡猾な手練手管

私たちは、不当労働行為を絶対に許さず、不当労働行為に対しては、毅然とした対応で挑む!

これが地神秀治流


l.jpg 
 大阪広域は2017年12月1日時点で164社189工場を誇る日本最大の生コン協同組合へと成長した。
 しかし、大阪府下99%という市場占有率の前に暗躍する執行部にとって、業界再建運動に奔走した労働組合(全港湾大阪支部・全日建関西地区生コン支部)の存在がここにきて、邪魔になってきた。
 自分たちに都合のよい協同組合運営が出来ない、組合が主張する不公平是正に答えると自己の利益誘導が出来ないことに苛立ちを覚え、デッチ上げ事件を演出して組合潰しを画策したというのが、大まかな筋書きだ。
 そこで、彼等が一番最初に取りかかったことは、「建交労・生コン産労・UAゼンセン」の各労組を言葉巧みに懐柔して手玉に取り、労組連合を脱退させたことである。
 1980年代に労使間合意し、長年に渡って履行されないまま先送りになってきた、業界再建のための約束した環境整備基金についても2017年11月末より、地神秀治の判断で恣意的にストップしたが、何の決定権もない地神秀治の間違った判断は労使間合意の反故である。
 
連帯労働組合の組合員の首を切ったれ!金は腐るほどあるんや!弁護士も山ほどおるんや!

 今や、広域執行部の四人組(木村貴洋・地神秀治・大山正芳・矢倉完治)一味にとって、法律など関係無く、銃器犯罪を犯すような団体である排外集団を活用し、計画的に組合事務所を襲撃して組合員に暴行を働くなどの無法ぶりを発揮している。
o.jpg
k.jpg

今の大阪広域は暴力団事務所のように変貌している。
 
 広域四人組の手練手管とは、対象者を罠に掛けてがんじがらめにして、自由がきかないように固めて動けないようにすることから始め、最終的に相手を意のままにコントロールすることにある。
 広域四人組は、暴力的な背景で恫喝を繰り返し、自分たちの考え方や行動が全て正しい、それ以外の考え方は認めず、対象者に対してもその考え方を強要する。
 対象者は、考え方や価値観を押し付けられることに練れてしまって、この偏倚にさえ気づかなくなってしまっているのである。
 後は、義理の押し付けと貸しの押し付けが始まり、ノーと言えなくなるという常套手段である。
 そうなったら、違法脱法行為であっても、「広域には「ヤメ検弁護士」が山ほどおるから心配ないんや!不当労働行為なんか関係あれへん!銭も腐るほどあるから面倒みたるがな!連帯を潰さなあかんのや!お前等も連帯嫌いやろ!」という具合になっていくという、パブロフの犬状態のようになってしまうということだ。それなりに利益が上がっているところや、そもそも労働組合が嫌いな会社にしたら、広域が面倒を見てくれるんだったら、まあいいか。という安直な選択をし、重大な法違反をしているという意識さえ飛んでしまうようだ。
こういった場合のオルグ役とヒール役は、特に大山正芳のような暴力的な雰囲気を持っている男が行うと聞いているが、最近は、物事の核心部分から地神秀治は逃げる準備をしているのか、そのほとんどを大山に任せ、後に隠れているらしい。

地神秀治の求める世界は、広域協組内部に「親分子分」の組織的結合を作ろうとしているのである。
 地神秀治は常に、業界の中において自らの立ち位置を気にしており、それは、彼の世界感にある「貫目」であり上下的な関係性の確立であるが、今回だけは裏目に出たといえるだろう。
 
  
posted by nestle at 10:04| 日記

2018年02月28日

嘘にまみれた大阪広域執行部「木村貴洋・地神秀治・大山正芳・矢倉完治」

息を吐くように平気で嘘をつく広域執行部の 地神秀治


l.jpg

 現在の広域生コンクリート協同組合「木村貴洋」は、日本最大の生コン協同組合だが、同時に日本最大の違法脱法行為の総合商社に成り下がっている。
 刑法・民法・協同組合法・独占禁止法・労働組合法の全てに違反をしているが、なぜ、こんな風に変遷してしまったのだろうか。自らの不条理を正当化するために、レイシスト集団を取り込んだ集団的労使関係の破壊活動に奔走する姿は、むしろ哀れに見えてくる。
 始まりは、実質の支配者である地神秀治が労働組合との約束を反故にしたことから始まった、換言すれば、我々労働組合が求めてきた最優先課題としての6項目提言(協同組合執行部に求めた品格に基づく提言)や輸送運賃の値上げを履行するという約束も履行せずに逃げたのである。
 その後も、生コン業界全体の市場占有率が上がり、生コン史上空前の利益体質になった段階で何をしたかというと、我々が求めてきた関係取引先全体の運賃の値上げを履行せず、自己利益の追求に奔走してきたのである。昨年末の関係6労組で確認した業界全体の底上げを目指したストライキ行動で、つき続けた嘘が白日の下ににさらされることを恐れた地神秀治は、更に、敵前逃亡した三労組を抱き込み嘘をつき続けることになる。
 その最たる問題は、労働組合間にくさびを打ち込み分断させること、後に生コン産労の旗開きで、挨拶に立った木村貴洋は、3年前から計画していた組合潰しであると認めている。
 また、12月12日のストライキ前の段階で建交労と生コン産労から活動に関する情報リークされていたが、このことからも建交労・生コン産労・UAゼンセンが裏で連帯労働組合潰しを画策してきた地神秀治と繋がっていたことも明るみになっっている。地神秀治は無頼の嘘つきであり、虚構の中で生息している小狡く実にやっかいな人間だ。故に、専売特許である人心掌握術という部分で多くの経営者は、巧みな彼の二枚舌で翻弄され、最終的には手玉に取られているのである。
 この地神秀治も本年1月22日の組合事務所襲撃事件、警察官に大山正芳が暴行を加えた1月25日和歌山組合員襲撃事件に木村貴洋・大山正芳・矢倉完治・松山淳等と共に参加している。

連帯労働組合の組合員を解雇しろ!連帯の息のかかった輸送会社を使うな!

 
耳を疑うような大阪広域「木村貴洋」からの要請が相次いでいるが、また、3月11日のミキサーパレードに参加協力した社には割付をしないような要請もあるようだが、そんな事に応じる必要も無いし義務もないが、恫喝された脅迫されたという声も上がっている。
 

 
 

緊急速報


 なお、弊社は大阪広域生コンクリート協同組合及び和歌山県広域生コン協同組合の排外主義社グループとは一切関係ないことを申し添えます。

 
1面.jpg
 
 
 事実上の決別宣言であるが、和歌山だけでなく、奈良県、京都府、滋賀県も大阪広域「木村貴洋」や和歌山広域「丸山克也」と同等の扱いをされたくないという、普通の常識でまとまったようだ。
 当たり前の話しだが、拳銃の発砲をするような危ない団体と組合襲撃をするような木村貴洋・地神秀治・大山正芳・矢倉完治と共犯になりたくないというのは、普通の人達の感覚ではないでしょうか。従属しない経営者に対して不当な圧力で加盟を迫ったり、不利益を被らせるのは間違っています。

6項目の提言と業界と経済の民主化を求める

 木村貴洋理事長・地神秀治副理事長・大山正芳副理事長・矢倉完治副理事長・丸山克也和歌山広域理事長殿
 貴殿等のこれまでの対応については、大阪や兵庫の経営者達も含めて、貴殿等の徹底した監視の下、従属しているように見えますが、大きな疑問の声が上がっていることを真摯に受け止められるよう求めるものです。
 
posted by nestle at 14:00| 日記

2018年02月27日

大阪広域生コン協組と和歌山県広域生コン協組の「丸山克也と木村貴洋」の黒い癒着とは・・・

h.jpg 

 d.jpg本年3月11日、神戸で、丸山克也の和歌山県広域協組と地神秀治の大阪広域協組の連合会設立決起集会が行われる。多くの大阪広域加盟者からも排外集団の実態についての疑問の声や丸山克也という人物についての疑問の声も上がる中、設立決起集会を強行しようとしているようだ。
 この時期になぜ設立決起総会を強行しようとするのか業界筋からの情報では、和歌山を取り込んで「殿」であり続けたい丸山克也と地神秀治の拠り所としての地位にこだわっているのではないか。
g.jpg

 過日、東京の朝鮮総聯本部に拳銃を撃ち込んだ桂田智司が逮捕されたが、彼が瀬戸弘幸・渡辺昇・有門大輔と深い関わりがあるのは周知の事実だ。「在特会・日本第一党・チーム関西・牢人新聞」といういわゆるネトウヨと呼ばれる公安調査庁からもマークされている暴力排外主義者達であるが、1月8日に行われた梅田のヨドバシカメラ前で連帯労働組合を殲滅するという御旗の下に集まったのは、主催者である大阪広域生コン協同組合と和歌山県広域生コンクリート協同組合の執行部の面々である。
 その後、組合事務所を彼等は予告したとおりに襲撃したのであるが、瀬戸弘幸は「2月11日建国記念日の時局講演会」において「はるばる福島の地からやってきた私は、連帯労働組合の武に対して人生を掛けた闘いを繰り広げ、伝説になる」という事を言ってのけたが、この段階で連帯労働組合及び武執行委員長に対して、彼等は、非常に危険な計画を依頼され、動いていたという可能性も否定できない。

大阪広域と和歌山広域内部に芽生えた多くの矛盾と方針転換

 これまでの我が組織からの事実に基づいた情報の拡散によって、彼等との関係を否定し、一切断ち切るという通知文が弁護士名で相次いで寄せられてきている。
 このことからも明らかなように、暴対法に加え暴排条例が全国で施行されたことで、違法団体を取り巻く環境は激変している。ましてや、銃器を使うような団体との蜜月関係が明るみになれば、事業者の多くが処罰の対象とされるわけだ。

公正取引委員会「不公平な取引方法」事業者団体における差別取扱い等

 
 事業者団体若しくは共同行為からある事業者を不当に排斥し、または事業者団体の若しくは共同行為において、ある事業者を不当に差別的に取扱い、その事業者の事業活動を困難にさせること。
 
 さらに、大阪広域(木村貴洋)が会員社に要求している不当要求は、連帯労働組合との関係を断ち切れ、労使関係のあるところには割付を行わないという公正取引法を蔑ろにするような、排斥と差別を実行しているのである。その結果、本来は正当な割付がされなければならない事業者の運営が著しく困難な状況に陥っているのである。また、元暴力団員で和歌山の警察官に暴行を働いた大山正芳などは、現在でも労使関係のある会社に対して不当な圧力を掛けているのである。
b.jpg
 l.jpg

 警察官に暴行を働いた大阪広域の副理事長で元暴力団員の大山正芳が和歌山県警に逮捕されないのはなぜだという問い合わせが殺到しています。
 また、丸山克也がなぜ逮捕されないのかという問い合わせもありますが、組合側ではお答え出来ません。
 警察と排外暴力集団が金銭で癒着しているのとは考えられません・・・・が?
 どうなんでしょうか?和歌山県警本部に直接聞いてみて下さい。 


緊急速報


和歌山県警は何をしているのか?和歌山広域生コン協組の丸山克也との根深い癒着でもあるのか?

 和歌山県広域生コン協組の丸山克也が、瀬戸弘幸、渡辺昇一派から独立し、和歌山班として活動を開始したようだ。新しく、丸山克也は宣伝カーを新調し、自らの従業員をけしかけて右翼行動部隊を組織して連帯労働組合への襲撃と和歌山県内の同業他社への圧力を掛けようとしているようだ。
従業員の中には、まだ、子どものような少年もおり「連帯さんの言われていることもわかります!でも、和歌山から離れて下さい!僕らもしんどいんです!」と 明らかに丸山克也が怖いから仕方なく参加している者もいるようだ。これが事実なら、参加させられている未成年の従業員の声を和歌山県警も火急に事情徴収をするべきではないのか?
 
posted by nestle at 10:21| 日記