2018年03月06日

大阪広域生コンクリート協同組合が支配介入する「2018年春闘交渉」・弁護士が指導する不当労働行為?


3月5日近畿生コン関連協議会と関西建設オーナー会との第一回集団交渉(主旨説明)が行われた。
 現在でも、大阪広域生コン協同組合「木村貴洋」は、連帯との労使関係社に対して、団体交渉を拒否するように発信しており、明確な不当労働行為を行っている。
 明日の関西生コン関連労働組合連合会の第一回集団交渉に参加するな!ミキサーパレードにもミキサー車を貸与するな!協力したら除名処分や!そんな風に広域協組の四人組から恫喝されている・・・・・・・・・・?

 
h.jpg 
 労働組合及び組合員に対する襲撃と暴行を指示した首謀者の木村貴洋は、臆面もなく「近畿生コン関連協議会NO.2の記事から抜粋」に、三労組に対する評価として、いち早く労組共闘から離脱という態度表明及び見解を示し、そして3労組による生コン協議会に立ち上げに対して心からの敬意が表されました。今後、関西建設オーナー会が全面に立っていく。等と表明しているが、盗っ人猛々しい木村貴洋の姿勢は、見ていて恥ずかしくなるものがある。
 日本最大の生コン協同組合の理事長が、本年1月22日に生コン支部の事務所(当時、女性職員2名・男性職員3名)に、40名近くの人間で襲撃にきた首謀者である木村貴洋は、3労組の前で、このような挨拶を行った。襲撃事件の首謀者である男の口から出てきたことは、「昨年12月12日のストライキ行動が「威力業務妨害罪である」ということだそうだ。ストライキ行動権には、刑事・民事免責がある。
 では、木村貴洋の組織的襲撃事件は民事上も刑事上も免責されるものなのか、三労組の大幹部達にお伺いしたいものだ。
posted by nestle at 12:11| 日記

2018年03月05日

大阪広域生コンクリート協同組合の四人組

大阪広域生コンクリート協同組合の実態「醜い利権を守るため四人組は何をしようとしているのか?」



※この映像は、大阪広域(木村貴洋)が、我々連帯労働組合に行ってきた違法脱法行為の一部です。

連帯労働組合は絶対につぶすんや!銭はなんぼかかってもかまへん!強い弁護士もそろってる!

 まるでギャングのような四人組がしたこととは、過日、東京で発砲事件で緊急逮捕された桂田智司が加盟していた反社会的勢力団体と共謀して組合事務所襲撃と組合員に対する暴行障害という、現役の暴力団でも行わないようなことを平然とやってのけたのだ。
 隠し撮りしていた証拠映像が出た途端、だんまりを決め込んで新たな嫌がらせを画策している。


 大阪広域(木村貴弘)が自らの犯罪を隠蔽するために行っている数多の法違反と誹謗中傷とは・・・
1・大阪広域協組として、連帯労組の労使関係企業に対する、容赦ない圧力をかけている。 
2・連帯労働組合の労供事業に対して不当な圧力をかけている。
3・連帯労働組合の組合員を解雇させるように会員各社に圧力をかけている。
4・連帯労働組合が主催、協賛する取り組みに対しての嫌がらせ予告をする。
5・和歌山県生コンクリート工業組合や和歌山県生コンクリート協同組合連合会に不当な圧力をかけている。
6・連帯労働組合に対する許せない誹謗中傷

木村貴洋・地神秀治・大山正芳・矢倉完治は暴力団のような態様で広域協組を牛耳っている!
 なぜ?そうまでして大阪広域の地位に固執しているのか?
 日本最大の協組は空前の利益を出しており、その利権を守るためではないのか?
 業界に発信されている告発文には、地神秀治から暴力団に資金の一部が流れていることさえ書かれていた。
hqdefault.webp
o.jpgb.jpgk.jpgl.jpg

 京都・奈良・滋賀・和歌山は、違法集団と化した大阪広域生コンクリート協同組合(木村貴洋)と和歌山県広域生コンクリート協同組合(丸山克也)の連合会結成設立決起総会には参加しない!
 なぜなら、違法集団化している団体への加盟は、自らの手を汚すことになるからである!
posted by nestle at 15:49| 日記

2018年03月03日

地神秀治大阪広域副理事長の実態

 これまでに撮りためた数多くの証拠映像については、裁判手続き上の問題(証拠保全の必要性)も有り、小出しにしておりますが、決して彼等の意のままにさせることはありません!なぜなら法治国家ですから・・・
 業界からの告発文によると、暴力団関係に広域の資金の一部が流れているとも書かれていました。
 今後、脅迫及び暴行傷害罪の時効を考え、綿密に組み立てた中で刑事告発および、訴訟準備に入ってまいります。



 映像には、大阪広域生コンクリート協同組合副理事長の地神秀治と大山正芳副理事長という公人でありながら、ヤクザチンピラのように暴れているシーンが映像となって出てきます。
 非常に不愉快で下品極まりない両名の姿に気分を害されたら、この場を借りてお詫び申し上げます。
 尚、これからの映像に関するタイムスケジュールは、慎重に分析したうえで動画更新をして参ります。

 我々連帯労働組合が6項目の提言をしたのは、醜い利権から協同組合を守るためにあります。
 一部の執行部による利益誘導型の運営に歯止めを掛ける為にあります。
 協同組合が輸送会社や労働組合の供給事業にまで圧力を掛けていることは明らかな違法行為である。協同組合は相互扶助で運営されなければならないが、銃器犯罪をするような危険な団体に労働組合潰しを依頼したのが木村貴洋であり、協同組合を実効支配する地神秀治である。


l.jpg 
posted by nestle at 19:11| 日記