2018年03月14日

一刻も早い放逐が必要なのに、なぜか、瀬戸弘幸を中心にした差別排外主義者たちに及び腰の大阪広域(木村貴洋)

 業界のことをもっと詳しくお知りになりたいなら「業界正常化・連帯広報委員会」サイトをご覧下さい!

kinshi-1060x538.jpg

 

「大阪広域・NEWS・vol5」について


 新しい年の幕開けに行われた年頭座談会で、事業本部長としてのそれぞれが思いを語っている姿が記事トップに掲載されているが、この写真が、あまりにも下品で建設業界の中で話題になっているらしい。
 たしかに、暴力団事務所のような写真に「ヤクザチンピラの類い」が三匹仲良く写っているが、たしかに、これ以上、反り返れないくらいに反り返る姿を写真に撮って掲載する感性がすごいと思うし、年頭座談会という雰囲気ではない・・・・こんな彼等が組合襲撃に加担した三匹だ。日本最大の生コンクリート協同組合になったことを自画自賛し、連帯労働組合潰しに10億円の対策費用を計上して織犯罪撲滅対策本部を設置したことの報告をしている。また、我々連帯労組が3労組との協議を尽くさずに「スト」と称する行為が実施されたことが、明らかに関係諸団体への背信行為である、業界団体の人事権にまで介入するなどと批判しているのだが、誰が考えても、このような者達に運営を任すことなんか出来ないだろう。年頭座談会というもものの、中身の無い、連帯に対する誹謗中傷に終始しているだけだった。
 年頭座談会というならば、もう少し行儀の良い写真は無かったのかと思うのだが、ある意味写真は正直だなと思う。

 さて、座談会の内容はというと、木村・地神・大山・矢倉は、この期に及んでまだ嘘ばかりで、大阪広域の歴史上空前の悪辣、破廉恥な輩で有ることが露呈したのである。
 瀬戸弘幸・渡辺昇・有門大輔という反社会的活動グループを傭兵に雇い入れて、組織的な組合襲撃をおこなうという重大な犯罪行為がバレた今、木村貴洋、地神秀治、大山正芳、矢倉完治等は職責を辞して総懺悔するのが当然なのに、未だに大阪広域に巣食っているのである。
 加えて、いまだに瀬戸弘幸を傭兵として、組合襲撃の先方として、いまだに雇っているのだから、開いた口がふさがらない程の厚顔無恥集団である。
 瀬戸弘幸に前渡金だけで、成功報酬を払っていないんでしょうか?襲撃犯の渡辺昇は、「お前等が貰っていた100円を、これからは我々が貰う」と言っていましたが・・・・そうなんですか?専務理事で関西オーナー会会長の菅生行男氏に問い合わせなければなりません。

kokuhatu-843x538.jpg

チンピラヤクザ・差別排外主義者のお先棒を担ぐような労働組合の三労組も労働者の信頼を失うだろう。

差別排外集団と結託している大阪広域・和歌山広域の連合会設立決起総会に参加するなど、常軌を逸した三労組の態様であったり、関西建設オーナー会への加入をさせるために東奔西走させられている三労組は、一体誰の利益代表なのか?それだけではなく、連帯労働組合の労使関係企業にまで押しかけ、三労組に組織移行させるような、火事場泥棒的なオルグまでしているようだ。世も末だね!先達者が泣いてるよ!
 
posted by nestle at 16:48| 日記

2018年03月13日

大阪広域協組の四人組とは・・・法律無視で手段を選ばず、自己利益の追求に奔走する主犯格四名とは・・・

 

 大阪広域の四人組は、ヤクザのような振る舞いこそしているが、列記とした経済産業省の所管団体である事業協同組合執行部の幹部達である。今や、私たちが民主化を求める生コンクリート協同組合の木村貴洋理事長・地神秀治副理事長・矢倉完治副理事長・大山正芳副理事長は特権階級意識の暴力的独裁者である。
 映像を見た人たちの感想は、一応に
「嘘でしょう!・こんな人たちが協同組合の理事長や副理事長なんですか?」と驚いているが、これが大阪広域生コン協同組合の幹部達の実態である。
 私たちの敵は協同組合ではない!協同組合に巣食う四人組である!協同組合を私物化する独裁者である!
 協同組合の運営に関しても、中小企業等協同組合精神など守る事も無く、意に沿わない企業や民主化を求める我々労働組合には、独裁的決定や恫喝を繰り返してきたのである。

 四人組の共通項は、生コン工場シェア−権利の独占、販売店、骨材、生コン輸送、バラセメント輸送等の利権を貪る事にあります。その為には法律無視で手段を選ばず、自己利益の追及に奔走する主犯格であるということだ。




 全ては、年明けの1月8日ヨドバシカメラ前から始まったのである。四人組は差別排外主義者達と接点を作り組合潰しの傭兵に雇ったのである。
 その為に、10億円もの予算を協同組合として組んだ事を、木村貴洋は生コン業界の新年互礼会で臆面も無く満面の笑みで報告していた。
 同年1月22日、在日朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)中央本部への拳銃発砲事件を起こして逮捕された桂田智司や川村能教等と共に活動してきた瀬戸弘幸や渡辺昇、有門大輔等を傭兵に雇い、我々労働組合を襲撃し、組合員に暴行をはたらき、大けがを負わせたのである。
 四人組は自己利益を確保するために手段を選ばず、労働組合に対しても暴力で解決しようと虎視眈々と狙っているのですが、地神を通じて闇の社会に資金が流れているという告発文も出ており、もはや、まともな事業協同組合としての運営をしているとは到底思えません。


k.jpg


 
posted by nestle at 16:00| 日記

2018年03月10日

大阪広域と和歌山県警本部との癒着構造があるのかという問い合わせが殺到しています。

h.jpg
書き込みの中に、広域協組が連帯労働組合を名誉毀損で訴えるという書き込みがありました。
開いた口がふさがらないとは、まさにこのことです。
私たちは、これまでの映像で「異常な大阪広域(木村貴洋)法違反の事実」のみを掲載しております。
いかに立派な弁護士を抱えていても事実である以上、抗議さえ出来ないというのが、現在の大阪広域です。
換言すれば、大阪広域(木村貴洋)を首謀者とする、組織的犯罪集団であるということを、自らが認めざるを得ないのです。そのような違法脱法団体の理事長が木村貴洋です。
もはや、木村貴洋は大阪広域生コン協同組合及び大阪兵庫生コンクリート工業組合の理事長の適正を欠いていると考えています。和歌山県での襲撃事件では、
元暴力団員の大山正芳副理事長が警察官に暴行しているところも映像に写っています。このような人物が協同組合の副理事長であることを認めているのも理解出来ません。

元暴力団員の大山副理事長は現役の暴力団員では無いのかというご意見も多数届いています。逮捕できない理由は、警察と大阪広域協同組合の癒着構造にあるのでは無いのかというマスコミからの取材も受けています。
なぜ、このような人達が協同組合の要職に君臨しているのかというご意見も多数頂いています。
これが、大阪広域生コンクリート協同組合の実態なんですとしか言いようがありません・・・






 協同組合は経済産業省の所管団体ですが、この大阪広域(木村貴洋)の実態については、すでに映像を各中央省庁にも送っており、もし、何の指導も入らない、大山副理事長が暴行で逮捕されないと言う事になれば、和歌山県広域生コン協同組合と「有力な政治家」との蜜月も影響しているのかもしれません。
 全国の人たちが、このブログを見てくれていますので、和歌山県警本部の面目丸つぶれですね!

 こんなチンピラ一匹捕まえられないなんて・・・・・
 尚、問い合わせが殺到して、電話回線に支障が発生していますので、大山正芳の警察官暴行事件については、直接、和歌山県警本部への問い合わせをして頂くようにお願いします。
 当方でお答えすることはありませんので宜しくお願いします。

 
県警本部 073ー423ー0110迄 
posted by nestle at 19:17| 日記