2018年10月09日

なぜ?警察情報が大阪広域と差別排外主義者に流れるのか?

href="http://rentaiunion.sakura.ne.jp/sblo_files/rentaiunion/image/kokuhatu-843x538.jpg" target="_blank">kokuhatu-843x538.jpg

連続する不等弾圧で見えてきたこと!

 警察が動くとき、必ず大阪広域生コンクリート協同組合も動くのは、明らかに警察情報が外部に漏れているということではないのか。
 マスコミは、記者クラブを通じたり、独自にアンテナを張って警察の動向を気にして現場に向かうことを常としているが、大阪広域がマスコミよりも早く動けるのは、彼ら大阪広域や差別排外主義者との間に太いパイプがあるのだろう!
 今日も大阪広域は、中央市場に職員を動員招集しているようだが、警察情報がいとも簡単にヤクザチンピラの類いに流れるというのはいかがなものか?10月9日13:15分現在、大阪中央市場駐車場屋上から組合事務所に家宅捜査が入ってくるのを心待ちにしている大阪広域職員が、いまも炎天下に駐車場で待機しているようだ。警察も家宅捜査が入るのか否か教えてあげたらいいのに・・・・

 
 なんのために広域が「ヤメ検や警察OB」を番犬に飼っているのや!
 高い餌を食わしているのや!
 連帯に逮捕者が出たときに大阪広域の四人組はほくそ笑んだという。
 大阪広域の醜悪な行状を見逃して、働く者や中小零細企業の権益を守る労働組合に卑劣極まりない権力弾圧を仕掛けるが、1月22日の組合襲撃についての捜査は進んでいないが、忖度捜査でないことを願うばかりである。金で差別排外主義者を雇い入れて襲撃を繰り返して暴力を振るい、「殺すぞ」と発言した大阪広域職員の藤田に対しても何の捜査もしない。
 その一方で番犬たちは、贅沢三昧の生活に酔いしれる連中からおこぼれを貰うということなのか?
 悪行を黙認するどころか、薄汚く癒着し、体現している番犬の悲しい性というところか?
 ヤクザ暴力団の類い・ネオナチ差別排外集団・ポチ三労組等と共に、金で雇われた番犬に成り下がっているようにも見えるが・・・・
 しかし、我々は権力を敵に回すために運動をしているのではなく、憲法に従い、法の下の平等を愚直に求めているだけである。
 権力が作り出した冤罪事件としても記憶に残っているが、「厚生労働省の村木厚子氏」を虚偽公文書偽造の罪で陥れた当時の大阪地検特捜部の検察官等が現在は、大阪広域という「伏魔殿」の顧問弁護士に着任しているようだが・・・・悪党は眠らせてはいけない!「秋霜烈日」の威信を貶めた連中が暗躍していることを許さない!恥を恥と思わない連中が跳梁跋扈することを社会的に暴露していくだろう!
 この日本で、仕事として不法行為をしているのは暴力団と検察・警察だけではないだろうか。
 「冤罪」という作品を作り出すためのベルトコンベアーは、検察と警察だけが関与できるシステムである。
 このような状況であるからこそ、マスコミに期待することは、国家権力に対する徹底した監視と国家の国家による暴力など、権力の暴走を食い止めるための監視役としての機能を高めてもらいたいのである。

 警察の態様は破廉恥極まりない!日本国憲法や労働組合法を無視し、露骨に労働組合に民事介入をしてきている。「連帯と手を切れ!連帯を辞めたらどうや!」このようなことが常態的に行われている!
 公文書を偽造し、虚偽答弁を繰り返し、8億円もの損害を与えてきた者達が逮捕もされず、罪も問われない!この国の正義は、一握りの権力者によって歪んでしまった。
 

 
 kokuhatu-843x538.jpg
 
 過日、参議院会館の院内集会において市民運動・労働組合・マスコミ・政治家・法律家・学識経験者が結集し、労働組合潰しの弾圧と警察の対応について議論が旺盛に行われたところだ。 
 こういった一連の警察権力の動きにマスコミは重大な関心を示し、関係者達は反応しているようだ!
 それだけでは無い、大阪の生コン産業だけでなく、関西の神戸製鋼事件やブラックマネーの流れ、巨額脱税についても活発な意見が上がっている。資本と権力の真の怖さを知らないのは大阪広域四人組ではないのか?
 資本と権力を舐めきっているのも大阪広域四人組と似非右翼の瀬戸弘幸・渡邉臥竜である!
 贅沢三昧の四人組・自己の利益だけを追求する四人組が正義であるなら、法治国家の歴史に汚点を残すだろう。今後も特集を組んでいくことにする!


俺たちの野望は、中小企業の親父から世界のセレブへと飛躍することだ!

 

 ランボルギーニ・カウンタック
 ランボルギーニ・デイアブロ
 フェラーリ−488スパイダー
 ベントレー
 ベンツファントマ
 大阪広域生コンクリート協同組合に集まる世界の名車達!
 中小企業の親父の乗る車としては、とても贅沢じゃないか!
 一億円の腕時計をしている者もいるらしい。
 子育てや老老介護に疲れて自らの命を絶っていく家族もいる世の中で、協同組合という仕組みを利用して贅沢三昧をしているとしたら絶対に許されるものではない。

 国民の義務を守っていたら絶対に乗れない名車やがな!
 生コン割付シェア−とセメント・輸送・ 骨材・販売商流の全てを牛耳るから乗れるんや!
 世の中はパワーゲームや!くやしいか?
 大阪・兵庫から和歌山・奈良・京都・滋賀と影響力と販売権を拡大したら、次はプライベートジェットや!
 何が何でも事件にするように検察と警察に指示をしとるんや!
 権力の皆さん!お・あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す! 


 
 全日本建設交運一般労働組合の略称で国連NGOの承認団体を上部団体に持つ建交労関西支部と連合生コン産業労働組合は、大阪広域生コン協同組合や組合潰しに金で雇われたネオナチ差別排外主義者である瀬戸弘幸や渡邉臥竜、有門大輔等と結託して組合潰しに奔走している事実を訴えていくものである。
 彼ら建交労関西支部がこれまで口にしてきた「反戦平和の取組」の全てが「嘘っぱち」であった事が明るみになったのではないか!
 広島・長崎の反核運動や沖縄辺野古基地反対闘争の現場や高江ヘリパッド基地反対闘争の現場に押しかけてヘイトをまき散らしてきた差別排外主義者達と蜜月結託しているようだが、どんなメリットがあるのだろうか。

 
    

今の日本を変えたいという極めてシンプルな要求を持った人達が「民衆の歌」大合唱している!

https://youtu.be/hmAyOiSqa2s「レ・ミゼラブル民衆の歌」

https://youtu.be/lgLaSv_oK_E?t=57「レ・ミゼラブル民衆の歌」

次回更新告知
 

滋賀県警組織犯罪対策課の実態について、驚愕するような取り調べの実態を実名で暴露していきます!

これを見れば取り調べの可視化の必要性が理解できます!
必ずしも検察や警察は市民の味方ではありません!真面目で親切なお巡りさんが失望する事実とは!
posted by nestle at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック