2018年03月13日

大阪広域協組の四人組とは・・・法律無視で手段を選ばず、自己利益の追求に奔走する主犯格四名とは・・・

 

 大阪広域の四人組は、ヤクザのような振る舞いこそしているが、列記とした経済産業省の所管団体である事業協同組合執行部の幹部達である。今や、私たちが民主化を求める生コンクリート協同組合の木村貴洋理事長・地神秀治副理事長・矢倉完治副理事長・大山正芳副理事長は特権階級意識の暴力的独裁者である。
 映像を見た人たちの感想は、一応に
「嘘でしょう!・こんな人たちが協同組合の理事長や副理事長なんですか?」と驚いているが、これが大阪広域生コン協同組合の幹部達の実態である。
 私たちの敵は協同組合ではない!協同組合に巣食う四人組である!協同組合を私物化する独裁者である!
 協同組合の運営に関しても、中小企業等協同組合精神など守る事も無く、意に沿わない企業や民主化を求める我々労働組合には、独裁的決定や恫喝を繰り返してきたのである。

 四人組の共通項は、生コン工場シェア−権利の独占、販売店、骨材、生コン輸送、バラセメント輸送等の利権を貪る事にあります。その為には法律無視で手段を選ばず、自己利益の追及に奔走する主犯格であるということだ。




 全ては、年明けの1月8日ヨドバシカメラ前から始まったのである。四人組は差別排外主義者達と接点を作り組合潰しの傭兵に雇ったのである。
 その為に、10億円もの予算を協同組合として組んだ事を、木村貴洋は生コン業界の新年互礼会で臆面も無く満面の笑みで報告していた。
 同年1月22日、在日朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)中央本部への拳銃発砲事件を起こして逮捕された桂田智司や川村能教等と共に活動してきた瀬戸弘幸や渡辺昇、有門大輔等を傭兵に雇い、我々労働組合を襲撃し、組合員に暴行をはたらき、大けがを負わせたのである。
 四人組は自己利益を確保するために手段を選ばず、労働組合に対しても暴力で解決しようと虎視眈々と狙っているのですが、地神を通じて闇の社会に資金が流れているという告発文も出ており、もはや、まともな事業協同組合としての運営をしているとは到底思えません。


k.jpg


 
posted by nestle at 16:00| 日記