2018年03月05日

大阪広域生コンクリート協同組合の四人組

大阪広域生コンクリート協同組合の実態「醜い利権を守るため四人組は何をしようとしているのか?」



※この映像は、大阪広域(木村貴洋)が、我々連帯労働組合に行ってきた違法脱法行為の一部です。

連帯労働組合は絶対につぶすんや!銭はなんぼかかってもかまへん!強い弁護士もそろってる!

 まるでギャングのような四人組がしたこととは、過日、東京で発砲事件で緊急逮捕された桂田智司が加盟していた反社会的勢力団体と共謀して組合事務所襲撃と組合員に対する暴行障害という、現役の暴力団でも行わないようなことを平然とやってのけたのだ。
 隠し撮りしていた証拠映像が出た途端、だんまりを決め込んで新たな嫌がらせを画策している。


 大阪広域(木村貴弘)が自らの犯罪を隠蔽するために行っている数多の法違反と誹謗中傷とは・・・
1・大阪広域協組として、連帯労組の労使関係企業に対する、容赦ない圧力をかけている。 
2・連帯労働組合の労供事業に対して不当な圧力をかけている。
3・連帯労働組合の組合員を解雇させるように会員各社に圧力をかけている。
4・連帯労働組合が主催、協賛する取り組みに対しての嫌がらせ予告をする。
5・和歌山県生コンクリート工業組合や和歌山県生コンクリート協同組合連合会に不当な圧力をかけている。
6・連帯労働組合に対する許せない誹謗中傷

木村貴洋・地神秀治・大山正芳・矢倉完治は暴力団のような態様で広域協組を牛耳っている!
 なぜ?そうまでして大阪広域の地位に固執しているのか?
 日本最大の協組は空前の利益を出しており、その利権を守るためではないのか?
 業界に発信されている告発文には、地神秀治から暴力団に資金の一部が流れていることさえ書かれていた。
hqdefault.webp
o.jpgb.jpgk.jpgl.jpg

 京都・奈良・滋賀・和歌山は、違法集団と化した大阪広域生コンクリート協同組合(木村貴洋)と和歌山県広域生コンクリート協同組合(丸山克也)の連合会結成設立決起総会には参加しない!
 なぜなら、違法集団化している団体への加盟は、自らの手を汚すことになるからである!
posted by nestle at 15:49| 日記