2018年07月19日

渡邉臥龍の逮捕で大阪広域生コン協同組合「木村貴洋」・西日本建設関連オーナー会「菅生行男」に家宅捜査!

久しぶりに良心的な匿名の経営者から連絡が有り、「YouTube映像」を使ってくれとの申し出がありましたのでアップすることになりました。なかなか興味深く、広域内部のやり取りが目に見えるようで・・・





さる7月10日、和歌山県警は、器物破損容疑で渡邉臥龍こと渡邉昇を逮捕した。立憲民主党の有田芳生参議院議員に暗殺予告した渡邉臥龍が司会の差別排外主義者の専門番組「はとらずチャンネル」の映像に、恥も外聞もなく、まるで英雄気取りで出演していた丸山克也は、本当に物笑いの種になってしまったようだ。
 和歌山の多くの経営者に対し、執拗な圧力を掛けてまで欲しがった工業組合の椅子にしがみつく丸山克也の姿は、まるで、欲しかった玩具を与えて貰った子供ようにはしゃいでいた丸山克也!
 和歌山の業界を良くすると抱負を語っていたが、その実は、自分の田んぼに水を引くことしか考えていなかった。ダンピング販売で拡販し、第二協組まで作って業界を混乱させた当事者が、どの口が言っているのかという批判の声もあったが、差別排外主義者に祝福されて喜んでいた丸山克也!見ていて恥ずかしくなった映像だが、ご本人は至ってご満悦のようだったのに、このところ小さくなって何処に行ってしまったのか、消息がわからない丸山克也! 

「だれも和歌山県生コン工業組合理事長になった丸山克也を祝福するもんなんかいませんよ!この業界の人は、丸山をヤクザと思っていたし、過去に大きな事件を起こして逮捕されている人間ですからね。面倒くさいし、逆らえない雰囲気を作っていたからね」地元消息筋


渡邉臥龍のような雑魚の逮捕くらいで業界が変わるとは思っているわけでは無いが、我々の想像以上に闇は深いようだ!大阪広域生コン協同組合や西日本建設関連オーナー会にまで、家宅捜査が入っているらしい。
理事会では、オーナー会だけに家宅捜査が入っただけと報告し、嘘をついていたようだが、実際には大阪広域生コン協同組合にまで家宅捜査が入っていたようだ。




会計監査請求権は組合員に当然の権利として実行されているでしょうネ!背任容疑はおまへんやろな?

 大阪広域生コン協同組合「木村貴洋」の事業外目的活動と一般社団法人西日本建設関連オーナー会「菅生行男」の事業活動と費用分担の区分けはどうなっているのか? 実に興味深い!協同組合加盟の組合員の多くは、非常に興味を持っているが声に出せなかった!また、意義や異論を唱えると「じゃかましいわい!文句あるんかい!」等とチンピラヤクザのような理事が制圧するらしい!
 
 四人組による四人組の為の四人組利益を目的にした協同組合運営の実態とは・・・・
 
 毎月の出荷実績を見ても、誰が見ても不公平な運営が継続しているが、あからさまな不公平や不平等運営が、広域協組内に大きな内部矛盾を生み出しており、このことについての意見や意義の声も上がっているらしいが、まともにとりあってもらえない、若しくは、暴力的に排除されてきたようだ。
 ここにきて、生コンの販売奨励金の疑惑も噴出しているようだ・・・・
 一部の人間(四人組)だけで、決定していく広域の全ての方針に誰も逆らえない・・・・
 本来事業協同組合は、相互扶助の民主的運営が求められているが、既に協同組合としての機能が破綻しているということだ。
 また、業界民主化を求める労働組合潰しのためのネオナチレイシストと結託した攻撃にかかる費用は、事業外目的使用であり、法的にも大きな問題がある。
 
 組合襲撃の傭兵として雇っている資金は、どのように捻出しているのだろうか。
 事業協同組合法・公正取引法違反・不当労働行為教唆や名誉信用毀損・強要・恐喝と法律違反の総合商社と化した大阪広域生コン協同組合の実態が徐々に明らかになるだろう。
 ヤクザチンピラの類いを中心にした大阪広域がまともで無いことは明らかであるが、それを容認しているような警察や検察にも世間の厳しい注目が集まっているようだ。
 大阪府に1000万円の寄付を行い、堅気であることをアピールしているようだが、「渡邉臥龍」逮捕で家宅捜査に入られるようでは、世間の目はごまかせないだろうな!木村貴洋理事長!気分は「ケセラセラ」か?
 


次回から、業界に巣食うダニ退治シリーズをお送りします

「ひと〜つ人世の生き血を啜り、ふた〜つ不埒な悪行三昧、み〜つ醜い業界のダニを、退治してくれよう関生支部!」

kinshi-1060x538.jpg
posted by nestle at 17:21| Comment(36) | TrackBack(0) | 日記