2018年05月18日

頭のいかれたネオナチ・レイシスト集団と大阪広域生コン協組「木村貴洋理事長」の利益を体現するポチ三労組! !

 大阪広域生コン協同組合「木村貴洋・地神秀治・大山正芳・矢倉完治」は、この頭のいかれた連中と結託して我々連帯労働組合を攻撃する!
 我々が木村貴洋等四人組との闘いを絶対に負けるわけにはいかない理由がここにある! これだけではない! この頭のいかれた連中と共に我々を攻撃する建交労・生コン産労・UAゼンセンという労働組合の実態も暴いていく!


こまった労働組合である!

 組織論も運動論もないに等しいポチ労組達!
 大阪広域生コン協組の圧力により満身創痍である経営者に対し、「連帯労組系の輸送会社からポチ労組系の輸送会社に替えてくれませんか」と臆面もなく要請を行っているポチ労組。
  連帯のあった労使関係企業に、なんの恥じらいもなく輸送会社として入り込んでいく厚かましさ!
 「6月に連帯に弾圧が入る・ごろつき労組」等とヘイトスピーチをまき散らすネオナチ・レイシスト集団のような態様でヘイトをまき散らすポチ労組達!もう労働組合の体を成していないようだ!
 生活者である労働者の権利を蔑ろにし、一部の幹部だけが大阪広域との蜜月で何てことはあるまいな!
 いろいろと聞こえてきますが、大丈夫ですか?
「この6月、連帯に弾圧が入る」等と発信しているようだが、弾圧されるような運動が根底にない「名ばかり労働組合」は始末に悪い!自分たちの恥ですまないような事を行っているようだが、先人達の苦労や努力といった遺産を食いつぶしていることに気がついていないようだ。
 ネオナチ・レイシスト集団と大阪広域生コン協組(木村貴洋)の利益代表に成り下がってしまったポチ労組であるが、ここにきて、刑事告訴された影響があるようで、大阪広域もネオナチ・レイシスト集団を活用した露骨な攻撃や襲撃を控えているようだ。その代わりにポチ労組を活用し、我々の労使関係のある企業に押しかけ、ヘイト記事満載の落書きビラを配布したり、街宣活動を活発化させているようだ。
本質的には、下の映像の連中と変わりません!




こいつ等が屑である理由!大阪広域から金を貰っていると吐露した大馬鹿野郎の渡邉昇!ホントに馬鹿!



和歌山の屑である丸山克也とは・・・まるで暴力団である!こいつが経営者?やめてよ!



大阪広域の屑である大山正芳元暴力団員副理事長にも注目を!とんでもない屑!大阪広域一番の品格をおとしめている男!


おいこら!連帯!俺は警察なんか何とも思ってないんや!警察も俺のことをびびっとるんや!現役の暴力団員の最高幹部と思ってましたが・・・・だって警察や検察に顔が利くらしいし・・・・失礼!広域執行部副理事長でした!


こんな暴力団みたいな連中に支配されている大阪広域生コンクリート協同組合って大丈夫ですか?
posted by nestle at 18:48| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月07日

大阪広域生コンクリート協同組合の木村・地神・矢倉・大山の狙いは薄汚れた黒い利権! 

大阪広域の四人組の仲間達の実態はこれだ!
 
大阪広域生コンクリート協同組合を最大限に利用し、自らの汚れた利権に溺れている四人組は利権体制を確立しようとしている。そのため、業界の民主化を愚直に求める連帯労働組合関西地区生コン支部が邪魔でならなかった。そのため労働組合への支配力を強化する目的で数多の暴挙を繰り返している。自分たちだけが都合のいい生コン業界に仕立て上げるために、暴力団まがいの人間を使い、差別排外主義者達と共に襲撃を繰り返し、ポチに成り下がった「労働組合擬き」までもオルグ広報宣伝部隊として、私兵のように使っている。


あんたも四人組の共犯者か?


 私たちは、大阪広域生コンクリート協同組合に加盟している多くの組合員の良心を信じて疑いませんが、広域の決議に無自覚に同調したとしても、たとえ四人組からの意趣返しが怖いからといっても、危険な差別排外主義者達を傭兵に雇い入れることを同調し、徹底して関生支部に対して攻撃を仕掛けることに同調しているがことは、四人組という最悪の加害者と同じ立場でいることになります。今後、四人組という犯罪をくりかえしてきた連中に対しては、完膚無きまで徹底して攻勢を強めていくものであるが、レイシスト集団を使った関生支部攻撃に奔走するのであれば、また、その姿勢を変えないのであれば、四人組の賛同者として、同調者として社会的に暴露、糾弾することを宣言する。

大山正芳 口で人を説得するだけの力も無い暴力男!警察官に暴力を振るっても平気だ!



丸山克也能力も無いのに、業界を牛耳れると思っている困った勘違い男!漁師の敵!海洋汚染男!



 広域協組の不当労働行為教唆活動とは、昨年12月12日の広域協組臨時総会から始まっている。
「威力業務妨害、組織犯罪対策本部」の立ち上げ策動を中心に関西地区生コン支部を孤立化させるための下地作り、「協定破棄・面談禁止・連帯系企業の使用禁止と排除活動、労協事業労働者の引き抜き活動」を継続するなど、多くの企業と労働者に対して不安を与える悪質な不当労働行為教唆活動である。
 その実行部隊は広域調査員で構成されるが、広域協組執行部の副理事長の大山正芳も広域協組会員社に対し、関生支部の組合員に対しても露骨に嫌がらせを行うことがある。「出てこいこら!いてまうぞ!ごみ!屑!しばくどこら!おまえの家に行ったろか!」さすがに元暴力団の副理事長であり、恫喝は板に付いているようだ。意に染まない者に対しては、徹底して恫喝をかけて譲歩を迫る手法で執行部の意向を押しつけ、組合員が反対できない協組運営を行っているのだ。
 このような陰湿な運営に対しては、多くの疑問の声も上がっているが、声が出せないのだ。
 シェア配分においても、旧協組のシェアーが不当に低く抑えられる一方、一部の声の大きい執行部が経営する工場には高いシェアーが配分される。おかしいが、この現実は続くのだ。逆らうと「TYK」のように除名されるかシェアーで不利益を被るからだ。
 このシェアー格差が、フェラリーやロールスロイスといった5000万円以上の高級車に生まれ変わるという、彼らだけが持ち合わせる錬金術だろう。
 出荷割り付けがされない企業が協同組合内部にあるというのが理解できないが、大阪広域は「相互扶助」の精神をないがしろにし、「特定の組合員の利益のみ」を優先することを当たり前に認めているのだ。
 最近の大阪広域のホームページを見て笑ってしまったが、この四人組が笑顔で写真に写ってアップされているが、こいつ等の性根までが透けて見える。イメージアップ戦略かどうかわからないが、こいつ等の品の悪さまで隠せないようだ。

業界再建に向けたゼネストが威力妨害であると発信しなければ不都合な事情

 広域執行部である地神秀治 副理事長と組合との間で輸送運賃値上げについての協議が継続していたが、再三再四にわたって地神秀治自身が、組合が求めるステークホルダー全体の底上げも約束してきた。
 組合が求める値上げは、取引先全体の訴えでもあり、先送り妥協できない問題だ。同時に、多くの労働者の生活賃金に関わる問題であるにも関わらず、蔑ろにすることは認められない。
 しかし地神秀治副理事長は、得意の二枚舌で労働組合と業界を翻弄し、底上げ問題を先送りにしようとしてきたのである。労働組合潰しに10億円もの予算を組むことが出来るのであれば、上述する底上げについては実行できたはずだ。頭の良い彼が考えたことは、労働組合が主張する業界の民主化では、利益追求できない不都合な事情があったのだ。協組内部に、自身を頂点とする支配構造を構築することで流通・製造・販売・輸送の流れを掌握することができる。今後の関西地域での需要である、阪神高速湾岸神戸線延伸工事・IRカジノ法案・大阪万博を見越した巨額の利益を前に完全に生コン支部を壊滅する必要があったのだ。
その為に建交労、生コン産労、UAゼンセンを取り込み、関生支部潰しのスピーカーの役割を果たさせる必要があった。
 学習能力の無い三労組は、いとも簡単に懐柔されて労組連合会を脱退していったのであるが、次に必要となったのが、P戸弘幸を中心にした差別排外主義者の実践攻撃部隊である。
 このような不都合な真実を隠そうとしているが、組合攻撃の動機は、単純に自己利益の追求と四人組に共通する闇社会の利益にあるのだ。
 
関生支部は主体的に反撃を展開しますが、多くの仲間が闘いを共感、共有して共に立ち上がることを呼びかけるものです。 
 
緊急速報


 和歌山の生コン支部組合員宅を和歌山広域協組の丸山克也理事長の従業員と犯罪者である渡辺臥龍(日本第一党)が嫌がらせ街宣を継続している。和歌山県生コン広域協組を告発することとしました。
 協同組合が事業外目的で組合攻撃をすることは、法律違反にも当たりますし、このような犯罪者と一体化しての嫌がらせは、明らかに違法行為です。
 渡辺臥龍は、1月22日の組合襲撃での暴行実行犯で同月25日にも組合車に対しての器物破損も行っています。


 約束を破って紛争を仕掛けるというのは一番卑怯なやり方であり、和解というものが成立することは永遠にないだろう。確かに被った被害も甚大であるが、反対に団結力は強まったのだ。
 我々は、明確に決着がつくまで闘い続けるだろうし、団結「義侠心」という言葉で表現すれば、広域の四人組達が持ち合わせていない団結「義侠心」という闘争本能が、しっかりと仲間達に定着していることを忘れ、傍若無人の振る舞いを継続するならば、絶対に許すことはないし、完膚なきまで返していくだけだ。
 いずれにしても、金で雇った差別排外主義者達と結託して行った暴行傷害という許すことのできない犯罪行為に対して、必ず決着をつける時が来るし、我々の戦線に合流する良心が広範に増えてきたことを知るべしである。これからも先達者や我々の尊厳を守るための威風堂々とした闘いは続くだろう。
 大阪広域「木村貴洋」の狡猾で我々を舐めきった犯罪行為を許すことは絶対にないし、これまで以上に反転攻勢を強めていくだろう。


けせらせら
 
kinshi-1060x538.jpg

ポチ労働組合 御中
 貴殿らの、便所の壁に書かれた落書きような機関紙を我々の職場に配布されることをただちに辞められるように強く求めるものです。腐臭に満ちていて、読み手である我が労組の組合員が気分を害し、体調を悪くする可能性もありますので、伏してお願い申し上げます。


 

                          
posted by nestle at 10:51| Comment(31) | TrackBack(0) | 日記